日焼け 洋服の色

日焼けのしやすい洋服の色があるのでしょうか?

答えはYESです。

 

同じ素材で比較するならば白い色、もしくは白に近い色は紫外線を透過しやすく、黒い色やそれに近い濃い色は紫外線を通しにくいとされています。その差は約2倍という説もあるそうですよ。

 

生地でいうと、織り方で繊維を密にしてあるものほど紫外線は通りにくくなっています。

 

これらの条件から考えて、夏場に多いファッションで白めの色で素材が綿や麻100%(もしくはそれに近い)は、最も紫外線を肌まで通しやすい服の色と素材と言えます。

 

特に男性はメイクをしない上、日常的に日焼け止めを塗る人は少数派でしょう。
暑いですが、できるだけ襟付きの黒、もしくは紺のような濃い色を着用すると日焼けによる肌トラブルを防ぐことができます。

 

女性におすすめの対策

一方、大多数の成人女性はメイクをすることが多い上、日に焼ける季節は日焼け止めを日常的に使用するでしょう。

 

初夏から夏にかけて暑くなってきたら、薄着になりパステルカラーなど薄い色で夏気分を味わいたい方も多いでしょう。

 

その場合は、色の薄い服を着た日は黒の日傘を使う、そしてUVカット素材が使われた上着を外出時は羽織るようにするなどの対策を講じれば問題ありません。

 

ただし、日傘を差す場合には身体と傘の間隔が30センチ以上開くと周りの散乱紫外線が侵入してくるので、柄の長い日傘は避ける、もしくは短めに持つことを注意します。

 

日傘なしで外出することがないくらいの方でしたら、薄い色の服装でもこういった対策で色による紫外線透過の不利を補うことが可能です。

 

日傘は汗を止める効果も期待できるため汗っかきの人には必需品ですよ。特に外回りの営業さんだと汗の臭いは印象がよくありませんからね。

 

柔軟剤の以外な効果

そのほか、白や薄い色の服を洗濯する際に紫外線カット効果のある洗剤もしくは柔軟剤を使用することで、黒までとはいかずともそのままの色で着るより紫外線を透過しにくくなります。

 

そして服のデザインでも大きく左右されます。胸元が大きく開いた服で且つ薄い色を着用した場合、白は紫外線を反射しますので顔や首周りが日に当たっていなくても焼けます。

 

濃い色の服をたまには着てみる、もしくは薄い色は紫外線を透過しますが、UVカット素材の生地から作られた服を着て日傘を差すなどの対策を取って暑い夏を楽しく乗り切りましょう。