日焼け止めスプレーやクリームのパッケージに記載されているPAとは?

日焼け止めクリームやスプレーに記載されている「PA」とは?

日焼け止めのパッケージなどでよく目にするPAとは何か?
SPF数値の後にただ(+)マークで表示されている場合もある数値です。

 

PAはProtection Grade of UVAの略で、紫外線に含まれるUV-A波をどこまで防御できるかという値のことで、日焼け止めスプレーやクリームを購入するときは必ずチェックしておきたい数値です。

 

そもそも日焼けの原因となる「UV-A波」は肌の深くまで到達することのできるとても長く強力な波長です。

 

UV-A波を浴びるとコラーゲン線維がきっちりと網目状に張り巡らされた肌のうるおいを守っているところが切れてしまったり、分解する酵素が必要以上に活発になります。

 

簡単にいうと紫外線を浴びると肌の細胞の遺伝子が傷つき、皮膚の免疫が低下します。
そして結果的に日焼けが、シミ、シワ、たるみにつながっていってしまいます。

 

一般的に販売されている日焼け止めは、UV−A波をどこまで強力にカットできるかを知るPAは(+)で示しており、

  • (+)・・・防止効果がある
  • (++)・・・かなり防止効果がある
  • (+++)・・・非常に防止効果がある
  • (++++)・・・今年から表示が認められた一番高いUV−A波防止効果

 

(+)の数が増えるほどUV-A波予防効果が期待できますが、肌に刺激の強い物質が多く含まれることになります。

 

そのため敏感肌の方はまず(+)から塗り始めたり、使用するシーンによって使い分けが必要です。

 

通勤・通学や主婦の方の日常シーンの日焼け止め

肌が特別弱くない方でも、日常生活の通勤・通学程度の日光照射であれば、(+〜++)くらいで十分に予防できるます。

 

その他、主婦の方がうっかり忘れてしまいがちですが、洗濯物を干したり、ごみを出したりなどの家事の最中に受ける紫外線も(+〜++)で十分に日焼けを予防できます。

 

日常的に塗るので肌への負担とそんなに長時間ではないことからも弱いPA値の方が良いです。

 

散歩など1〜2時間程度の日焼け止め

犬の散歩やBBQなど屋外で1〜2時間過ごす場合は(++〜+++)がおすすめです。
1〜2時間でそれほど強いものでなくても大丈夫でしょう。

 

アウトドアやレジャーの日焼け止め

アウトドアレジャーなど長時間日光を浴びたり塗りなおしが難しい環境の場合は(+++〜++++)とPA値が高いものが良いです。

 

但し、敏感肌の方や肌が弱い方はPA値が強い日焼け止めではなく、(++)程度を使い塗り直しを何度もした方が良いです。

 

強いPA値よりも塗り直しが大切

このようにしてシーンによって肌への負担を考えて使い分けるのも賢い日焼け止め利用方法の一つです。
汗や衣服との摩擦で取れてしまうと効果が薄れるのが日焼け止めの弱点です。

 

こまめな塗りなおしが何より効果的なのは言うまでもありません。
PA値が(+)と弱い値でも何度も塗りなおしをしている方が朝一度だけ(++++)を塗るより効果的なのもお忘れなく。