日焼け止め防止に効果のある肌に優しいクリーム・スプレー・ファンデ・化粧水を紹介しているサイトです。

日焼けがシミ・そばかすになる原因

日焼けをするとシミやそばかすができるのは、ずばり紫外線UV−B波による影響です。

 

皮膚の表面を強く刺激する光線ですので、浴びた直後は赤みを帯びてヒリヒリします。

 

その時、皮膚の内部では真皮を守ろうとしてメラニンが生成されています。
このメラニンが黒い色素であるため、しみやそばかすと言われるものになります。

 

通常ですと皮膚のターンオーバーで剥がれ落ちますが、浴びた紫外線が多いほど皮膚に残留します。

 

そして、10代〜20代の若い時代にはターンオーバーは28日程度ですが、加齢とともに30代では40日程度、40代では55日程度かかるとされています。
加齢とともにターンオーバーの仕組み自体が弱くなっていっていることが伺われます。

 

若い頃と同じように焼いていると、いつまでも肌色が戻らないだけでなく、過去から蓄積されたメラニンと一緒に紫外線で受けたダメージでターンオーバーのリズムは崩れますので新たなメラニンが肌に残り、しみやそばかすが増幅していきます。

 

また紫外線は肌細胞を傷つけますので、うまくターンオーバーができなくなったり必要ない場合でもメラニンを作り続けてしまったりという、いわゆる「光老化」のためにしみがどんどんと増えていってしまいます。

 

一方、そばかすは遺伝的要因により元々形成されるものらしいので、直接的に日焼けとは関係ない部分もあります。

 

ですが、メラニンが表皮に現れているのには違いなく紫外線を浴びると、刺激されて濃くなりますので今まで目立たなかったそばかすがくっきりしてしまい、そばかすができたように見えます。

 

UV−B波によってできたメラニン色素ですが、波長の長いUV−A波はより肌の真皮まで到達することができるため長時間をかけて細胞にダメージを与えることができますので、UV−A波によってよりメラニンが濃くなったり、潜んでいた比較的薄いメラニンが続出してきてしまうのです。

 

小麦色の肌で夏を楽しみたい気分になることはあるでしょうが、日焼けによって将来延々としみやそばかすと対峙していかなくてはいけなくなってしまうのです。