日焼け止めスプレーやクリームのパッケージに記載されているSPFとは?

日焼け止めクリームやスプレーに記載されている「SPF」とは?

SPFとはSan Protection Factor(紫外線防御指数)の略で、この指数「1」に対して素肌の状態からUV-B波を受けることを20〜25分程度遅らせることができます。
※UV-B波とは「肌に赤みをもたらす」紫外線の種類のこと

 

例えば、SPF15だとすると、20分×15=300分間(約6時間)遅らせるという指数です。
ただし、数値の定義として1平方センチメートルあたりにつき2mgを塗布した場合です。

 

そのため、実際は日焼け止めを肌に塗る時には凹凸もあったり、塗りムラが出たりするので誤差が発生することを念頭に置いておかなくてはいけません。

 

また、SPF値が高いほど紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が多く含まれています。

 

だからといって海や山のレジャーに行く際に、高ければ高いほど紫外線を防御できるかというと、SPF値は防御する時間についての値ですので少し意味あいが変わります。

 

レジャーに行くと日陰に入ることもまれになり直射日光に当たりやすい上、塗りなおすこともまれになってしまうのでSPF値が高い方が有効ということになります。

 

SPFは高ければ良いの?

現在の日本国内においては、SPF表示は50までとされています。
50以上の数値と50の差があまりないため、効果が大きいように見えるよう数値も大きくして販売し、消費者の誤解を招くことを防ぐためだそうです。

 

実際のところ、SPF30とSPF50ではあまり大きな差はないという報告もあるくらいです。

 

ただ、塗りなおしがあまりできないアウトドアレジャーなどに行く際にはSPF50の方が安心ではあります。

 

しかし、前述の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は敏感肌の方はもちろん、ノーマルな肌の方でも長時間塗り続けたり、しっかりクレンジングがでずに肌に残留してしまうと肌荒れの原因ともなります。

 

SPF値が高い日焼け止めを使った後はしっかり洗い流すことを心がけましょう。

 

敏感肌の方は、その日焼け止めが肌トラブルを招かないかどうか、試供品などで一度肌の薄い肘の内側などに試し塗りしてみてから購入するようにしましょう。

 

せっかく買ってもSPF値が高いものであればあるほど肌への負担は大きいので無駄になりかねません。

 

敏感肌向けに開発された日焼け止めでSPF30くらいをこまめに塗りなおすのも一つの手です。